高速での取り締まりで多いのが、覆面パトカーによるものです。

気持ちよく飛ばしていると、いつの間にか後ろについていて、赤いランプがピカピカと・・・というやつです。

覆面パトカーとは

その名のとおり、覆面をしたパトカーです。・・・と言うと語弊がありますが。

一般の車のような見た目をしていますが、いざというときには赤色灯が出現し、パトカーに変身します。赤色灯の他、スピーカーで声が流れてきたり後ろのウィンドウに電光掲示板が出てメッセージが表示されたり、という機能があります。

主に高速道路で速度の取り締まりを行っており、大抵、左側車線(走行車線)を比較的ゆっくり、速度違反をしないスピードで走っています。この写真では珍しく追越車線を走っているところですが。

Image95

で、追い抜いていく違反車両を見つけた途端、一気に加速して違反車両の後ろに付き、速度を測定し、パトランプを光らせ、路肩(あるいはサービスエリア等)に止めて検挙する、という流れです。

覆面に気付かずにビューンと追い越してしまうと、ヤバイです。

見破るポイント

いくつかポイントがあります。

車種

最も多いのがクラウンです。ゼロクラウンと呼ばれるタイプ以降のものです。色は、白、シルバー、黒です。

路線によって配備さている車両は異なりますが、クラウン以外だと、キザシ(スズキの高級車)、インプレッサWRX、レガシィツーリングワゴン、ベンツ(かなり古いモデル)などがあります。比率は圧倒的にクラウンが多いです。捕まえた後、後部座席に乗せて切符を切るため、2人乗り(2シーター)の覆面はかなり稀です。

高速での違反車両を追いかけて捕まえるという目的があることから、軽四はもちろん、ヴィッツやフィットなどのコンパクトカー、プリウスなどのハイブリッドカー、ステップワゴン等のミニバンは、覆面パトカーに採用されてはいないようです。

乗車人数

2人です。運転する人とスピードを測る人は別なので2人乗っています。

服装

青い制服を着ているケースが多いのですが、必ずしもそうとは限りません。ただ、一般の人で青い制服を着ている人はいませんから、青い制服を着ていれば、間違いなくそれは覆面です。

ナンバー

昔は「覆面パトカー=8ナンバー」でしたが、今は普通に3ナンバー(クラウンの場合)です。ナンバーで見分けるのは、その番号を知っていない限り無理です。3ナンバーだから大丈夫、というのは昔の話です。

車の特徴

後ろの窓はスモークが張ってあります。ですので、後ろから何人乗っているかを見分けるのは難しいです。着ている服の色も分かりません。

よく、「助手席からも後ろが見えるように、バックミラーが2つ付いている」とか言われますが、写真見て分かるとおり、そんなものは見えません。

覆面パトカーであっても、制限速度を超えて走行する際には赤色灯をつけないといけないという決まりのため、普段は制限速度内で走っています。そして、違反車両を見つけたら(ターゲットを見つけたら)急加速して後ろに付きます。この辺が普通の車と違う動きです。

見破り方、チェックポイント

上記に挙げた車種を警戒するのがまず第一。

そして追い抜く際には、必ず「どんな人が運転しているか」を見ることです。よそ見になってしまうのでじーっと見るのは危ないのですが、もし、クラウンで、2人乗車で、スーツではなく青い制服、しかもヘルメットを被っていたりしたら、確実に覆面です。

なかなか追い抜く際に確認するのは難しいのですが、

抜く前・・・車種(できれば乗車人数も)

抜くとき・・・ドライバーの服装

抜いた後・・・乗車人数、後ろを追いかけてくるかどうか、抜く前と抜いた後の車の動きの違い

これらがチェックポイントになります。

挙動で特徴的なのは、抜いた後です。覆面は同じ車線を後ろに付いてきます。隣の車線で追いかけて走ってくることは稀です。特に、カーブの多い道路では同じ車線でないと違反の測定ができないため、常に同じ車線になるように走行してきます。

尤も、抜いた後では時すでに遅し、ということもありますから、追い抜く前に見破りたい(警戒しておきたい)ところです。

追尾式の取り締まりは、追い越してすぐ後ろ付いてくる場合と、離れたところから追いかけてくる場合とがあります。もし、遠くから追いかけてきた場合は、バックミラーで車種と乗車人数を見て警戒することになります。

ちょっとマニアックな?見分け方

覆面パトカーは警察無線を載せているため、専用のアンテナを搭載しています。そのため、アンテナが覆面の特徴になっているケースが結構あります。

例えばこれ。

Image96

一見、普通の黒のクラウン。200系クラウンの後期型と呼ばれるモデルなんですが、このモデルにはユーロアンテナ(リアウィンドウの上に1本立っているアンテナ)の設定が無いんです。なので、アンテナを後付けしているんです。

ちなみに純正はシャークアンテナという目立たないアンテナです。Image90

これをわざわざ取り替えて目立つアンテナにするユーザーは滅多にいないでしょう。

もう1点は、エンブレムが無いこと。

普通のクラウンには、中央にトヨタのマークがあって、左右に車の名前とグレード名のエンブレムがあります。下の写真の例ですと、左に「CROWN」、右に「RoyalSaloon(ロイヤルサルーン)」または「Athlete(アスリート)」のエンブレムが付いています。

Image92

しかし、なぜか覆面は、これらのエンブレムが無いものが多いです。上にある覆面の写真は、いずれもエンブレムが付いてません。

こうなるのは、一般の車だと「事故って板金修理したけどエンブレムは付け直さなかった」場合ぐらいしかないんですが、覆面パトカーはエンブレム無い率が異様に高いです。

全ての覆面がそうとは限らないので注意は必要ですが、こーゆーポイントがあるおかげで、車によく乗る人や車をよく見る機会のある人からすると、「このクラウン、何かおかしい」という違和感になります。それがビンゴ!だったりします。

夜間は捕まりやすい

いくら覆面の特徴を掴んでいたとしても、夜だと遠くからは見えません。そして追いかけてこられても、ヘッドライトの光り方でしか車種が分からないので、かなり判別が難しいです。

特に、夜間は何色の車か分かりにくいため、普通の白黒パトカーが堂々と近づいてきていたとしても気付きにくくなります。普段は「白黒のパトカーに追尾されたとしてもすぐ分かるから問題外」と思ってしまうのですが、夜間に後ろから追いかけてこられた場合はほとんど分かりません。そのため、覆面に多い車種(クラウンなど)以外の車種に対しても注意が必要となります。

もし、追いかけてきた車があった場合、車線を譲る、あるいはずらすなどして、「自分の車を追いかけているのかどうか」探りを入れてみましょう。

バックミラーを見て、「なんか追いかけてきたぞ~」ってな場合は、一度左側に寄り、やり過ごしてからにするのが得策です。