オービスのような機械だけどオービスじゃない、そんな機械があります。自動車ナンバー自動読取装置、通称「Nシステム」です。

nsystem

パッと見、オービスのように見えます。

実際に写真を撮る機能はありますが、これはスピードの測定を目的としたものではなく、あくまでナンバープレートの読み取りを目的とした機械です。

ですので、この装置の下を飛ばして通過したとしても、写真を撮られてスピード違反で捕まるということはありません。

Nシステムもレーダー探知機で反応します

Nシステムは独自の電波を発しています。

速度は取り締まっていませんが、ネズミ捕りの電波(X/Kバンド)とは違う電波を発しています。

なので、Nシステム対応のレーダー探知であれば、これに反応します。ただ、速度違反を取り締まられるわけではないので、意味があるのかどうか微妙なところではありますが、市販されているレーダー探知機の大半は、Nシステムも検知するようになっています。

犯罪の捜査等に使われています

ナンバーを読み取るということは、車の動きを把握できるということです。これが役に立つのは、犯罪捜査時に車の移動を調べるときです。

実際、使い道としてはそれがメインなので、普段の生活ではあまり気にしなくていいものです。