スピード違反の取締りを事前に察知できればスピード違反しない

そう思っていた時期が、僕にもありました

レーダー探知機はたくさん種類があるけど、違いは何?

機能面では、大まかに分けると、GPSを搭載しているか否かで2パターンに分かれます。

GPSを搭載している方が高級機になるので、お値段も高めになります。データの更新機能が付いてくると、更に高めになります。

さらに高級機になるとそれ以外の機能(各種メーター機能など)も付いてきますが、おまけです。

形状面では、昔からある固定式と、バックミラー一体型があります。バックミラー一体型の方が「鏡の中に液晶が出てくるなんてカッコイイ!」で選びそうなんですが、肝心の警告が目に入りにくいため(筆者の主観)、固定式がオススメです。

取り締まりの種類と電波

そもそもの仕組みを押さえておきましょう。

スピード違反の取り締まりは、

  • レーダーを使うもの
  • ループコイル(光電管)を使うもの
  • 追尾式

などがあります。この内、全てのレーダー探知機が反応(対応)するのは「レーダー式(X/Kバンド)」です。これには、一般的なネズミ捕りと、レーダー式、Hシステムのオービスが含まれます。

ループコイル式、LHシステムは取締りの電波を発していないため、通常のレーダー探知機では反応しません。

但し、常時設置されているオービスであれば、GPS機能が搭載されているレーダーに限り、反応してくれます。GPS搭載の高級モデルは、この辺がメリットになります。

レーダーの性能

まず、高級機だからと言って、遠くから電波を察知できるわけではありません。察知できる距離は、高い機種も安い機種も、ぶっちゃけ変わりません。

一般的なネズミ捕り(X/Kバンド)は、どの探知機も対応しています。ネズミ捕りも、レーダー式のオービスも、Hシステムも、市販されているレーダー探知機は反応しますし、この辺の性能差はほぼ無いといって差し支えないでしょう。

上位機種になると、GPSが搭載され、そのGPSのデータ更新機能が付いてきます。

GPS搭載のメリット

GPS搭載の最大のメリットは、「レーダーで反応しないループコイル式のオービスに対して警告を促せる」、「取り締まりの多いエリアに入ったときに注意が促される」という点です。なので、GPSは無いよりあった方がいいです。

但し、これも万全ではありませんし、オービスではない移動式のループコイルだと反応はしません。ですから、最上位機種であったとしても、事前に100%取締り察知するというのは不可能です。あくまで、取締りを察知できる可能性がちょっと高くなるかも、ぐらいです。

尤も、オービスの場合は事前に警告板の表示があるので、そもそもレーダーに頼らずとも気付くことができるものです。見落とした際に、レーダーが助けてくれることはあるかもしれません。(ただ、レーダーの警告を見落としてしまうこともありえます。人間だもの。)

これらを踏まえた上で、自分に合ったレーダー探知機を選びましょう。

レーダー機能比較

まとめると、このようになります。GPS搭載モデルの方が反応してくれるゾーンは広いです。が、万能ではありません。

レーダー探知機
GPS搭載
レーダー探知機
GPS搭載
ネズミ捕り
ステルス、X/Kバンド
(一般道で最も多い取り締まり方法)
ネズミ捕り
ループコイル式
× ×
オービス
レーダー式、Hシステム
オービス
ループコイル式、LHシステム
×
追尾式
覆面パトカー等
× ×

で、実際役に立つの?

役に立つかどうかと言われれば、「役に立つ」と言えます。上記の「○」は反応するのですから。

但し、反応すると言っても、反応が遅くて捕まってしまっては元も子もありません。使い方にはコツがあります。

現在のネズミ捕りはステルス式が主なので、レーダー波をキャッチした時点で、既に自車に対してレーダー波が照射されている(その電波でスピードを測定されている)ため、単に「レーダーを付けたから大丈夫だろう、反応したから気を付けよう」だった場合、時既に遅しなことが多々あります。

あと、追尾式(覆面パトカー等)には役に立ちません。近づいてくるのを察知してくれるわけではありませんので。

レーダー探知機を有効活用するためには

大事なのは「測定ポイントに達する前に、取り締まりに気付くこと」です。

例えば一般道のネズミ捕り・ステルス式であれば、前に車が走っているときのように、「自分の車以外に対して照射されたレーダー波(ステルス)をキャッチして、この先にある取締りに気付く」ことが重要です。

自車にレーダー波を当てられてから減速しても間に合いません。

レーダー探知機は「この先で取り締まりやっているかも」と気付くためにあると言えます。

で、オススメ機種はどれ?

筆者が選ぶポイントは、「固定式、GPS搭載、それでいて安い」。価格については、1万円前後で、かつ、高級機並みの探知機能(GPS、データ更新)がある機種をチョイスしています。青キップで1回捕まったら2万円弱なのですから、1回で元を取ることを考えると、レーダーの値段は1万円前後に抑えたいところです。

そんな筆者の2017年のおすすめレーダー探知機はコレ!

【Amazon.co.jp限定】セルスター(CELLSTAR) 3.2インチMVA液晶 OBDII対応 一体型レーダー探知機 日本生産モデル 3年保証 VA-820EZ

この機種のポイントは、GPSデータの更新が無料という点。高級機ではなく1万円前後のモデルですが、この価格でGPS更新、しかも無料というのがすごい。もちろん、基本的なレーダー探知機としての機能は申し分ありません。実際、筆者も使ってます。

この機種は、Amazonのランキングもずーっと1位だった2015年発売の旧モデル(VA-710E)の後継機です。筆者のオススメ・・・と言う割りには、元々ド定番モデルだったりします。(^^;

ただ、2016年半ばからは、この機種とほぼ同じ機能で後から出たこのモデルがランキング1位に君臨しています。

コムテック レーダー探知機 コンパクトモデル GPS搭載 ZERO600V リモコン付き

メーカーは違いますが、価格帯や性能はほぼ同じです。まさにライバル機種です。

なのでどっちにするか迷うところなんですが、この2つの機種に決定的な違いが1つあります。それは、リモコンの有無です。

前者のVA-820EZは、リモコンがなく、操作は本体上部の4つのボタンで行います。後者にはリモコンが付属しており、操作は全てリモコンで行います。筆者は「リモコンいらない」派なので、前者を買いました。

値段が同じならリモコンがある方がいいんじゃない?と思われるかもしれませんが

  1. レーダー探知機を最初にセットするとき以外はほとんど操作しない(設定を変えない)。リモコンがあっても、使うのはほんとに最初の頃だけ。
  2. リモコンの置き場に困る。
  3. 後者のZERO600Vは本体側にボタンがないので、リモコンをなくしたら設定が変えられない。

という点から、リモコンなしを選びました。この辺はお好みですね。

どちらもamazonで売れている定番モデルなので、リモコンを基準に選ぶのも1つのポイントでしょう。

取り締まりをやってなくても反応するのですが

レーダー探知機は、取り締まり以外の電波にも反応します。そのため、取締りやってないのに「ピッ、ピッ、ピピピピ・・・」という反応を示すことがあります。と言うより、取り締まり以外で反応するケースの方が多いです。巷では「自動ドアの電波で反応するからだ」とか言われています。

ただ、こういった誤検知が多いからといって、使えないわけではありません。使っていると分かるのですが、「取り締まり以外でレーダー探知機が反応するポイントは同じ」なのです。いつも同じところで反応するのです。

なので、そこで反応するのは誤検知ということを踏まえて、他の場所で反応した場合に「あれ?いつもは反応しないポイントで反応してるぞ、おかしい」となるのです。こうなった場合、近くで取締りをやっている可能性がぐっと高くなります。

注意しないといけないのは、いつも誤検知しているポイント周辺で本当の取締りがあった場合です。これは見抜くのが難しいです。電波の立ち上がり方がいつもと違う?ぐらいしかありません。

このように、レーダー探知機を取り付けたからと言って、取り締まり対策が万全というわけではありません。が、スピード違反の罰金を考えると、1~2回で元が取れるというのは確かです。

レーダー探知機は、安いものでも1万円弱、高いものだと3万円~します。決して安い買い物ではありません。しかし、「レーダー探知機を付けていたから取り締まりに気付けた」というのが1回でもあれば、元は取れると考えていいと思います。

あと、取り締まりに早く気付けたり、色んな電波を察知できるというのは、運転をしていく上で有用なので、レーダー探知機を付けて損することはないと思われます。

ソーラー式でも配線した方がいい

配線不要のソーラー電池式。お手軽で「安いしこれでいいだろ」で選ぶ人も多いかもしれません。コードの取り回しをしなくていいので設置が非常に楽そうなんですが・・・。個人的には、ソーラー電池搭載のモデルであっても、配線をしておいた方がいいです。

あくまで経験上なんですが、ソーラーの部分は寿命が短いように思います。それに、車庫に入れてると充電もできませんし、電池の劣化もあります。なので、ソーラー搭載モデルであっても、必ずシガーソケットから電源を取るようにしています。

レーダー付けていたのに、電池が切れてた・・・

これじゃ泣くに泣けません。しっかり配線するのがオススメです。